小劇場演劇に学ぶ、舞台公演のファン獲得戦略。

こんにちは、明日梨(s2azurin)です。

昨日、劇団ZIG.ZAG.BITEの「たすけて!青春ピンチヒッター!!」を観に行ってきました。

 

会場はぽんプラザホール

福岡市の音楽・演劇練習場ですが、小劇場としての利用が多いようです。
キャナルシティ博多から、那珂川の方へ徒歩5分弱歩くと到着します。

 

建物の中へ入ると、まずこんな看板が迎えてくれました。わかりやすくてありがたいですね。



後ろに写っているのはフォトスペースらしいです。

一緒に撮るための手持ちアイテムもありましたが、恥ずかしいので利用しませんでした。笑

開演前のおどろき

買えるか不安だった当日券を無事に入手し、開場と同時に入場。

まず驚いたのが、パンフレットがA3普通紙3つ折りに白黒印刷…!フォントが全部同じ…!

チケットも白黒で手作り感があるし、製作物にはお金をかけない方針なのかな。
(普段オーケストラの演奏会に行くことが多いので違和感がありますが、小劇場演劇界では珍しくないのかも?失礼だったらすみません。)

 

そして次に驚いたのが、、、キャスト多っ!!

人の数も多いし一人あたりの役数も多くて観劇前に頭に入れることを諦めました。。。
(ちなみに、この作品は再演らしいのですが私は今回初見かつ前情報なしで来てしまいました。笑)

 

開場後10分くらい経った頃に、客演で参加しているR-JeNeraTIonSのメンバーによるかっこいい前座が。

パフォーマンスの前後に、「携帯電話の電源を〜」といったお決まりの台詞があったんですが、いつものことだと聞き流してしまう内容も、パフォーマンスで引き込まれたあとに念押されるとしっかり聞いてしまいますね。

公演の感想

そうして気持ちも高まったところで開演。

公演の内容は、学園、ヒーロー、コメディ、、、

青春の、とんでもない熱量が込もった公演でした。

 

詳細についてはまだ千秋楽が終わっていないので控えますが、役者の熱い演技に照明と音響を同期させた演出が面白い!

アクションシーンも多く、臨場感があって、もう、熱い、熱い、熱い…!

客席で座って観ていただけの私もなんだかエネルギーを使った気がしました。笑

 

決して広いとは言えない舞台にこんな多くの人数が登場して何をするかと思えば、パンフレットに書いてある通り、代わる代わるいろんな役で登場する役者たち。

衣装や雰囲気で、同じ人だけど違う役になったのが一瞬でわかるから面白い。飽きない。

パロディネタが散りばめられていて、笑ってしまうところも。

とんでもないスピード感で駆け抜けていった2時間でした。。。

 

公演後に改めてパンフレットのキャストを見てみたら、なるほどなるほど。絶妙なネーミングが良い。笑

都合がつけばもう1回観たかったなあ…!

終演後のおどろき

さて、ここからが本題なのですが、終演後にキャストがステージに集まって挨拶するという恒例イベント。

そこで喋り出した主宰の方が…これまた熱い。

あの熱演からの(しかもこの日は1日2回の公演後)、どこからくるんですかそのエネルギー。笑

 

その内容がとても印象的でした。細かい言い回しは記憶が曖昧ですが、

「明日からの公演はまだ空きがあります!一番効果があるのは口コミです!」

「携帯電話の電源を切ってくださいって言ったんですけど、今からつけて大丈夫です!ポーズをとるので、ぜひ集合写真を撮って拡散してください!

「アンケートが入っているのでお願いします!一番書いてほしいのが、空調がどうだったかです。お昼は寒かったらしいので調整したんですが…」

などなど。

 

自分のカメラで写真撮っていいの?!

一番書いてほしいのそれ?!感想より空調?!

 

どんな公演でも、主催者はお客さんのことを考えていると思いますが、それをちゃんと言葉にして、お客さんの目線で訴える、ここまではなかなかできないことだと思います。

集合写真の撮影OKはとても面白かった。自分が観た公演の写真がスマホに残るって嬉しいし、ツイートしたくなる!

 

正面と、右のお客さんと、左のお客さんと、3方向にポーズを決めてくれたので私も撮りました。

まさに青春って感じだなあ。

一番上の段にいる2人の衣装がすごく凝ってました。クオリティ高すぎ。。。

おわりに

この公演では、お客さんが会場に来て、前座を観て、公演を観て、アンケートを書いて帰るまでの一連の流れがデザインされているのを感じました。とても勉強になります。

舞台と客席の距離感とか、小劇場演劇ならではという感じはするけれど、コンサートの制作にも活かしたい。

 

とっても楽しかったです。来てよかった!

8月14日(月)までやっているそうなので、お時間のある方はぜひ。オススメです!

それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です